福島/いわき市放射線/放射能情報 Radioactivity and Radiation in FUKUSHIMA / IWAKI (Since 10 MAY 2011)
f_labをフォローしましょうFacebook  
いわき市放射線/放射能情報を提供しております。原発賛成でも反原発でもありません。また,全く政治とは関わりありません。情報を他に転載したりする行為は、ご遠慮ください。
危険や安全を訴えるものではありません。自分感じた事,測定したことを発信しております。嘘偽りのない自分の目で確かめた情報・数値を発信したいと思っています。
 

MENU

TOP活動・情報|What's NEW
おすすめ機器・書籍所有の測定器について関連マスコミ報道定時降下物|Fallout大気浮遊じん|Dustエアカウンター過去のデータから汚染を読み解く!給食等の測定を読み解く1給食等の測定を読み解く2EMF211によるサーベイNHKスペシャル消えたヨウ素131を追う食品・土壌の測定
リアルタイムモニタリングポスト
講演会・勉強会ビデオアンケートアクセス
関連リンク

Contact Us

お問い合わせ先
info@iwakicity.org
0246-46-0849
福島/いわき市放射能情報
布施
 

COUNTER

COUNTER2576772
TOP Since 10 MAY 2011

LOGIN

オンライン

オンラインユーザー32人

食品の測定 放射能


 地域に子供を持つ親が
安心して測定できるしっかりした場所も多くありません。
精度に関しては、「測定値について」をご参照ください。アクセスや連絡先きはここを!
放射能濃度の測定依頼はネットからでもできます。(推奨)
 

NaIガンマ線スペクトロメータ

 ここに掲載する内容は、あくまでも、この測定環境(測定室・測定者・測定日)での結果です。測定は、測定者の経験や測定室の環境に大きく影響されます。

あくまでもこの値はすべて
参考値です。他と比較しないでください。

データを見る方は、検出限界値と定量下限値・測定下限値の意味と
測定誤差等を理解してご覧下さい。

ゲルマニウム検出器、NaIシンチではエネルギーの分離の関係で、精度について全然違うことを、ご理解下さい。ですからNaIは簡易という言葉つきます。ですから値は、おおよそ参考というのが正しい見方です。ですが、EMF211はとてもその中でも優れてた性能を持つ測定器です。

導入したガンマ線スペクトロメータは、検出器 NaI3インチ 鉛遮蔽 50mmです。詳細なスペックは下記のURLでご確認ください。

EMF211型ガンマ線スペクトロメータ
http://www.emf-japan.com/emf/emf1/emf211.html

内部は、3mmの銅(真鍮)で覆われ、
特性X線や散乱線などのより精度の高い測定が可能になっています。

また、様々な目的の測定に応じて、6つの容積と2種類(ポリ、マリネリ)の容器で、全部8パターンの測定が可能です。
容積90ml(5cm充填) U-8容器
容積350mlポリ容器
容積350ml充填(500mlマリネリ容器)
容積500mlマリネリ容器
容積900mlポリ容器
容積500ml充填(1000mlマリネリ容器)
容積1000mlマリネリ容器
容積1500ml充填(1000mlマリネリ容器)
(詳細は「測定値について」を御覧ください。)


現在食品に含まれる放射性セシウムに関する「暫定規制値」は以下の通りです。
 飲料水 10Bq/kg
 乳製品 50Bq/kg
 野菜・穀類・肉・卵・魚 100Bq/kg
上記の規制値を超えるような場合は、速やかに精密なGe半導体検査等をお願いします。

 

測定の注意点のメモ(準備中)

測定の注意点のメモ(今まで測定していて気づいたことをメモっておきます。)

最近の食品測定の確認の手順と課題(準備中)


ソフトウェアのバージョンの確認と精度の確認
新スクリーニング法の関係で,多くの会社が問題点など修正し、使い勝手などが良くなっているケースが多い。会社のサポートと方の連絡を取って問題点などを聞いておこう。導入時のソフトをそのまま利用しているケースが多いです。その理由の一つに,予算が国・県などから出て,納入先と実際に利用する先でコンタクトがとれないケースがあります。注意しましょう。(ちなみにEMF211のソフトはバージョン3です。購入時はバージョン1(2012/1)、春にバージョン2(2012/3)で夏にバージョン3(2012/8)です。)

◯機器効率・感度の確認と室温管理
 一応,校正は一年に一回となっていますがこれは最低限です。厳密な測定になればなるほどずれが大きくなります。実際に自分で機器校正をしてみると,季節による室温設定の違いや機器ずれがよくわかり、機器の特徴がわかります。
 特に温度変化は重要で、空調があったとしても、夏場や春・秋、冬では、空調の設定温度が異なるので、単純にそれでもNaI結晶の温度が変わります。同じ物を、計測しても結構,春と夏では変わりました。できるだけ一定にした状態で、体積線源があるなら、定期的に確認してみましょう。

◯遮蔽

◯様々な誤差を知ろう

○充填と容器の確認
・最近は、測定者のよる充填誤差・違いが大きいことがわかりました。正しく計量することは結構難しい。メスシリンダーや計量カップなどを使い,容量・体積の感覚をつかむ事をことが重要だと思う。多くの臨時雇用で測定している方の中には,体積と重量を間違えている方がいました。食品毎の密度等もおおよそ知っているとよいかもしれません。
 また,詰め方も少量ずつ丁寧にしっかりつめて行く事が大切で、充填不足や、詰め過ぎに注意して欲しい。特にマリネリ容器では,ビニールを使うため充填不足や、線より上まで詰める詰め過ぎのケースがよくあります。

・容器も、安価なポリ材質のマリネリがでてきて、購入しやすくなりました。しかし、結構マリネリ容器の容量の確認の線などがないものや、線がアバウトだったりします。一度、密度1の水を利用して,容器の体積を確認しておくとよいです。結構いろりろあります。

容量
時間
容器の形状
BG
エネルギー校正
検出器の種類
ソフト
K40(コンプトン散乱の影響)
エネルギー分解能
機器効率の校正

◯測定機の検出限界・検出下限
BGノイズなど、測定場所による検出限界など知ろう。

◯いくつかの既知の検体での確認
既知の検体を利用して、様々な実験をして、測定器の性質を理解しよう。
・測定時間による測定値の違い
・測定時間による誤差
・測定時間毎の繰り返し測定による測定値の誤差

◯全く汚染されていない食品をじっくり測ってみよう。
その汚染されていない食品の傾向をスペクトルからつかもう。

◯K40を多く含む食品む全く汚染されていない食品をじっくり測ってみよう。
K40のコンプトン散乱の傾向をつかもう。

 

カウンタ

COUNTER14321
放射性濃度

ブログパーツ

ブログパーツ

ブログパーツ

ブログパーツ

エアカウンター

エアカウンターS

ブログパーツ

ブログパーツ

個人被曝積算線量計