福島/いわき市放射線/放射能情報 Radioactivity and Radiation in FUKUSHIMA / IWAKI (Since 10 MAY 2011)
f_labをフォローしましょうFacebook  
いわき市放射線/放射能情報を提供しております。原発賛成でも反原発でもありません。また,全く政治とは関わりありません。情報を他に転載したりする行為は、ご遠慮ください。
危険や安全を訴えるものではありません。自分感じた事,測定したことを発信しております。嘘偽りのない自分の目で確かめた情報・数値を発信したいと思っています。
 

MENU

TOP活動・情報|What's NEW
おすすめ機器・書籍所有の測定器について関連マスコミ報道定時降下物|Fallout大気浮遊じん|Dustエアカウンター過去のデータから汚染を読み解く!給食等の測定を読み解く1給食等の測定を読み解く2EMF211によるサーベイNHKスペシャル消えたヨウ素131を追う食品・土壌の測定
リアルタイムモニタリングポスト
講演会・勉強会ビデオアンケートアクセス
関連リンク

Contact Us

お問い合わせ先
info@iwakicity.org
0246-46-0849
福島/いわき市放射能情報
布施
 

COUNTER

COUNTER2561917
TOP Since 10 MAY 2011

LOGIN

オンライン

オンラインユーザー36人

給食等の測定を読み解く!検出・測定限界値◯◯Bq/kgの食材は・・・

 給食等である【検出限界値・測定限界値◯◯Bq/kgを超えた場合の食材は利用しません。】というスクリーニング方法は、とても勘違いされる場合がある。例えば検出下限値30Bq/kg以上の食材は利用しないと言った場合に、良くブログ等で、29Bq/kgまでは可能性があるから心配という書き込みがある。それは大きな間違いです。場合によっては、50Bq/kgの食材である可能性もある。
 下記の図は、4月からの新スクリーング法の測定についてで、ブルーがラインが測定下限値25Bq/kgを満たす機器・測定であること、そして黄色のラインの50Bq/kgを繰り返し測定をして、必ず測定できることになっています。
 そのため誤差の不確かさは±20Bq/kg未満でないと満たしません。そこまで厳密にして100Bq/kgを測定しています。

下記の図は、よくある検出下限値・測定下限値40Bq/kgまたは、核種ごと20+20Bq/kgなどという測定の不確かさを考慮したグラフです。もし、ぴったしの40Bq/kgで測定すると、40Bq/kg以下の食材は半分であることがわかる。(これは密度1g/cm3の場合のみ)また、これで牛乳などを測定すると、乳幼児の基準の50Bq/kgを、かなりの確立で測定できていないことがわかります。(機種や容積、遮蔽、検出器の違いにもよりますが、一般的に10分〜20分の測定では、不確かさは±15-30Bq/kgになる場合がおおい。)
 そうすると、60ー70Bq/kg近くの食材もすり抜けることも考えられる。



下記の図は、実際に葉物野菜や米など、密度の低いものを測定した場合である。密度補正機能や自動修正機能のない測定測定器では、7割近くの食材が、40Bq/kgの測定でありながら、測りきれていない状態で、それ以上に汚染されていても、スクリーニングをすり抜けることになる。
(機種や容積、遮蔽、検出器の違いにもよりますが、一般的に10分〜20分の測定では、不確かさは±15-30Bq/kgになる場合がおおい。)

おすすめのスクリーニングまたは表現は、検出下限値・測定下限値という言葉はとって、単純に40Bq/kgを超えた場合は使わないというのであれば、約半分の合計セシウム20Bq/kg(核種毎10+10Bq/kg)で測定し、不確かさが±20Bq/kg未満の測定でなければならない。
 また、これらは、正しく容器に計量して充填した場合である。容器の詰め方によっても誤差があることは、以前の書き込みで示したとおりで、パートの方等で募集した場合は、慣れない測定や教育の不十分で、ミスに至るケースもあると思われる。

以上のことから、よくツイッターやブログ等で掲載される給食測定で、「もっと低く測定して欲しいとか20Bq/kgで測定してるから19Bq/kg以下がわからい。」などの書き込みをみるが実際は、もっと全然高い値で測定してるケースが多く、場合によっては、スクリーニング法にのっとっていないので流通食品の一般スクリーニングより、酷いケースがあると思われる。TVのニュースなどをみても、「あれぇこの充填では?」と思うケースが多い。
 給食の独自の仕組みより、確実に50Bq/kgを繰り返し測定で間違いなくスクリーニングできる厚生労働省のスクリーニングに対応させたほうが、まだ安心できそうです。

 数値だけに惑わされれずに、しっかりした測定のルールや測定の検証をして欲しい。自治体毎にとてもわかりにくい測定をしている。不安な方は各担当へ問い合わせてみよう。このままスクリーニングを行うのであれば、きちんとした仕組みを作るべきだと思う。

 不確かな
【検出限界値・測定限界値◯◯Bq/kgを超えた場合の食材は利用しません。】やり方は、おすすめしません。とてもわかりにくい。
 

カウンタ

COUNTER2616

ブログパーツ

ブログパーツ

ブログパーツ

ブログパーツ

エアカウンター

エアカウンターS

ブログパーツ

ブログパーツ

個人被曝積算線量計