福島/いわき市放射線/放射能情報 Radioactivity and Radiation in FUKUSHIMA / IWAKI (Since 10 MAY 2011)
f_labをフォローしましょうFacebook  
いわき市放射線/放射能情報を提供しております。原発賛成でも反原発でもありません。また,全く政治とは関わりありません。情報を他に転載したりする行為は、ご遠慮ください。
危険や安全を訴えるものではありません。自分感じた事,測定したことを発信しております。嘘偽りのない自分の目で確かめた情報・数値を発信したいと思っています。
 

MENU

TOP活動・情報|What's NEW
おすすめ機器・書籍所有の測定器について関連マスコミ報道定時降下物|Fallout大気浮遊じん|Dustエアカウンター過去のデータから汚染を読み解く!給食等の測定を読み解く1給食等の測定を読み解く2EMF211によるサーベイNHKスペシャル消えたヨウ素131を追う食品・土壌の測定
リアルタイムモニタリングポスト
講演会・勉強会ビデオアンケートアクセス
関連リンク

Contact Us

お問い合わせ先
info@iwakicity.org
0246-46-0849
福島/いわき市放射能情報
布施
 

COUNTER

COUNTER2576748
TOP Since 10 MAY 2011

LOGIN

オンライン

オンラインユーザー8人

今何が心配ですか?

今何が心配ですか?[根記事一覧]

管理者2012/02/19 11:51:55

◯子供・本人の個人の外部被曝についてですが、心配な方は、きちんと測定してみましょう。測定方法は、積算線量計を身に付け、きちんと記録を取ることです。

お子様の被曝量の確認を短期間に知りたい場合は、
いわき市のから下記のように貸出を行なっています。市民サービスを利用されるとよいと思います。
 5週間を越えて、長期の測定となると、バッチ式による測定か、半導体式の下記のようなALOKA PDM-122や米RAESYSTEMS社製DOSERAE2のような製品を利用することになります。
 半導体方式は、下記の製品だと3万円近くする高価な機器です。PDM-122は自分で記録をつけるタイプで、DOSERAE2は、PCで値を管理できるタイプです。



 それ以外では、バッチ式の測定になります。いわき市では低線量なので、0.01mSvとから測定できる下記のようなタイプを選択することをお薦めします。
http://www.nagase-landauer.co.jp/product/radiation_pers/index.html


 外部被曝が心配な方は、心配だけしていても前には進みません。空間線量計でなく積算線量計で、きちんと被曝量を測定してみましょう。そして、自分やお子様の外部被曝量を知ることが大切です。


 週末は、近くて最も値の低い小名浜〜植田方面の海岸遊びに行く! 海側の海岸は0.1μSv/h以下のところが多数存在します。砂浜もとても低い値です。海水もほぼ1Bq/kg以下です。夏は海水浴が一番被曝しない遊びになると思います。
 


管理者2012/02/24 23:26:21

ストロンチウム・プルトニウムが心配?
α線β線の測定?


 多くの方が、セシウム以外のストロンチウム・プルトニウムを心配される方がいます。また、α線やβ線が心配なんて方もいます。そして、測定して欲しいという方も多く存在ます。

 下記の文科省から出ている分析法を読んでいただければわかると思いますが、一般のレベルで測定(分離・分析・定量)ものではありません。また、それなりの実績・経験がないと、信用されるものにならないと思います。

 現状、市民からしてみれば、測定が不十分だと感じる方もいると思います。それらは声を合わせて、自治体や政治家を通して、政府へ訴え行くしかないと思います。

 ですから、普通のレベルでストロンチウム・プルトニウムを簡単に測定できるものではないとご理解ください。

No.2 放射性ストロンチウム分析法
No.12 プルトニウム分析法
http://www.kankyo-hoshano.go.jp/series/pdf_series_index.html
管理者2012/02/19 13:40:00

一般の方のコメント
「スクリーニングとは言え表面汚染計TGS-133を使い、検出限界も示さないで食品の汚染をスクリーニング出来るのか? いわき市に強い不信感を感じる。」


 それは少し勘違いもあります。正確な◯
ベクレル/kgという値には欠きますが、布施研究室の実験では、玄米では深さ約2cm程度までで、時定数の3倍の90秒をしっかり測定すれば、セシウムが約60Bq/kgの玄米ですが約1-2メモリ上昇しました。
 当然、大きな野菜の内部までは測定はできませんが、均一にセシウムがあるとするならば、ある程度はわかります。また、基準の200-500Bq/kgであれば、そこそこはっきりと針が触れます。
(※測定者の技量にもよると思います。あくまでも布施研究室の話です。)

 私も詳しくはわかりませんでしたが、歴史的にゲルマニウムやベクレルモニターなどが開発される前や高価で入手できないない時代から、頻繁に利用された方法だと聞いています。今の方々は、とても詳細な検査を求めると思いますが、測定体制が整うまでの間において、緊急時において、どうしても食べなければならないという場合は、ある程度計測できる思います。




管理者2012/02/19 16:01:47

◯いわき市の給食について

一般の方のコメント
「いわきの小中学校では、いまだに地産地消、特に独自に検査する体制もないままな事に、本当にこれでいいのか、将来我が子が食べると思うと、もういわきから出て行かざるを得なくなるのかなと思ってしまいます。子供達に、風評被害払拭の為に、犠牲にさせるこの世の中は、本当に幻滅です。それが先が見えない不安ですね。」

 いわき市では、下記で食材の検査を行なっており公表しています。

 正確に測定できているかは文面からはわかりかねます。
 測定器のカタログでは、Cs137が18Bq/kg(10分測定時)となっています。
 ですから、測定場所の条件や、充填率で測定器の精度は変化します。
 また一般的にCs137に比べてCs134の方が精度が落ちると思われます。
 食材によっては、もう少し長めに測定する必要があるのではと思いますが、
 実測における測定の確認のデータが公表されていないのでわかりません。
 
 また、全食材を測定できているのかは、記載がありませんのでわかりません。
 主食は、週一回程度ということで、十分な検査であるかはどうかは、わかりません。
 
 食材の産地は記載されており、遠くの産地のものが大半です。
 あまり、お役に立てなくて申し訳ありません。

学校給食等における放射性物質検査の結果について
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/topics/013326.html





一般の方のコメント
「須賀川のように、世界一厳しい基準にしてほしいです。」

 基準だけ、厳しくしても実際の測定できているか?正確に測定できているか公表されていません。カタログだけの性能で、
実測でのデータを記載していないので、ガンマ線スペクトロメーターLB2045が20分で正確に10ベクレル測定できているかはわかりません。
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/saigai/hoiku_kyuusyoku.html

また、乳製品も5Bq/kgですが、県の「ふくしま新発売」「農林水産省モニタリング情報」でも検出限界が、各種毎で概ね10Bq/kg以下であって、セシウム合計値で5Bq/kgという基準ですが、独自にどのように測定しているの記載がないのででわかりません。

http://www.new-fukushima.jp/result.php?kind_detail%5B0%5D=%E5%8E%9F%E4%B9%B3&start_year=2011&start_month=12&end_year=2012&end_month=2&search_area=&hyoji=all&x=41&y=16&page=1

ですから、他の市町村の基準だけみても、あまり安全かどうかなどの参考にはならないと思います。
管理者2012/02/19 13:57:51

スーパー・小売店等の野菜が心配な方へ

 心配な市民を中心に力を合わせてベクレル表示測定方法等を明確にしていくように要望していくしかないと思います。表示がないならば、遠くの野菜を購入するしかありません。

 現在、いわき市内の多くのスーパーのお店で「産地偽装」がない限り、遠くの野菜が手にはいると思います。または生協PALや通販という方法もあります。
 どうしても気になる方は、測定できますので、検体をお持ち下さい。

 基準値の1/10-1/30以下ですが、健康に問題ないとされる汚染された食品は、流通していますし、給食等にも利用されている可能性もあります。

管理者2012/02/19 16:57:08

一般の方のコメント
「1食分の給食を丸ごとミキサーにかけて、1週間(5日分)ごとにまとめ、ゲルマニウム検出器で精密測定する」という方法が良いと思います。


 下記のような事柄も、考えられます。5日分の量が1kgジャストであれば問題ありません。
できれば、毎回食べる前に全てを測定できるとよいと思いますが、実際は難しいと思います。


参考 http://tomynyo.tumblr.com/post/16820582736/6bq-kg


管理者2012/02/19 12:27:04

自宅の周辺の放射線量が心配な方へ

 自宅周辺の放射線量を測定して、自宅の放射線マップを作ってみましょう。
 現在、いわき市内ではいろいろな所で、無料で環境放射線測定器を貸し出しています。

 測定の方法は、じっくり時間かけて測定することをです。詳細は「堀場PA−1000での測定方法」を参照してください。

 また、環境放射線の測定器も、安価になってきました。精度はあまり高くはありませんが、エアカウンターやエアカウンターSなどは、6000円ぐらいです。じっくりタイプ(エアカウンター)(5分測定)、素早くおおよそタイプ(エアカウンターS)(2分測定でふらつきあり)があります。おおよそでよければ一台持っておくのもよいと思います。

管理者2012/02/19 14:08:48

水道水が心配な方へ

 水道水ですが、水道局が水道水の放射性物質のについて、週4回ほど、高価なゲルマニウム検出機で測定しております。
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/machi/suido/10833/10836/013540.html

 布施研究室でも、自宅の中央台の水道の水を、NaIガンマ線スペクトロメータ(検出限界各種毎1Bq/kg前後)で定期的に測定しておりますが、今のところ一度も気になるような結果はありません。今後継続して行きたいと思いますが、参考にしてください。我が家も小さな娘が二人いますが、調理・飲料ともに水道水を飲ませています。

管理者2012/02/19 13:16:49

北風が心配な方へ

今度こそSPEEDIを参考にしましょう。SPEEDI1時間毎に予測を出しています。
SPEEDIの予測では、10のマイナス10-18乗μSv/hぐらいの影響です。普通の測定器では測定不可能な値です。各種原発周辺のモニタリングデータもご参考に下さい。

管理者2012/02/19 13:02:48

福島第一原子力発電所の状況について
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/index-j.html#anchor02

東電のサイトの情報しか、正式にはありません。原発の様子はここを参照することです。しかし、なかなかこの情報では、安心出来ない方もいると思います。

また、震災直後から、原発問題で注目を浴びている中部大学の武田先生のブログで、「福島2号機と4号機、それにセシウム(速報)」(平成24年2月15日(水)「【結論】原発に危険はありません。」と書かれています。

 原発で作業している人達にとって、とても大変で心配ではありますが、福島で生活する上で、原発が再度、爆発してセシウムが大量に拡散する可能性は低いと思われます。




カウンタ

COUNTER2498

ブログパーツ

ブログパーツ

ブログパーツ

ブログパーツ

エアカウンター

エアカウンターS

ブログパーツ

ブログパーツ

個人被曝積算線量計